読譜初心者

わたしが持っている超レア物の教則本、「新しいソヴィエト教育システム、ピアノ演奏基礎教本」音楽之友社「二年生のピアノ曲集」ソ連児童音楽学校レッスンの友社「ピアノのためのたのしいあゆみ」現代ソヴィエトピアノ教本、カワイ出版。

おそらくは全て絶版。

何故このようなレア物教本をいくつか所有しているかというと、それはこの仕事必ずやあるとき煮詰まる。行き詰まる。そうなると救いを求めるようになる。

その場合の求める道としては宗教、哲学、自己啓発では残念ながら解は得られない。教授法の行き詰まりはその専門家に委ねることこそ解決の糸口。

わたしが救いを求めたのはロシア式指導法。というもの。きっとなにかしら見出すことが出来るに違いない。

ロシアの指導法は(この時は既にソ連でなくてロシアだった。)困ったことに中途挫折してしまったのだが、短い期間ながらも収穫はありましたよ。

このレア物教本についてはまた、革めて紹介致します。指導法についてはこれはなんとも言えません。良いとは思うのですが、わたしが中途からとうとう通うことができなくなってしまったのです。ですから教本についてはとにかく指導法については半端すぎるのです。

ではでは、ロシア式から離れて読譜のこと。

譜読みの独立がまだできてない生徒の場合。どこまで手と足取り、課題の曲の読譜をレッスンする段階で面倒をみたらいいのか?弾けるようにしてしまうまで一緒に譜読みするのか?気をつける箇所だけ指摘する方がいいのか?

これ、初心者といえども生徒の性格、年齢、どこまで読譜のセンスが育っているかによるかで変わるのはわかるのですが、ガイドラインというものが欲しい。ガイドラインに沿ってレッスンしたい。

読譜自立のためには5線ノートを用いてまた、セオリーのある種のワークブックを用いて懇切丁重に教える。で丸ごとOKになってくれればありがたいのですが、この読譜という作業はなかなかどうして一朝一夕にパパっと音符玉の情報が読めるようなれば誰も苦労しません。

更には、頑張って読譜して練習してきた曲の譜読みの間違い。この間違いをいくら指摘しても直せない。という、問題も発生する。わたしも幼少の砌この傾向ありました。先生と親は間違い直せない困った子だ。と、わたしを傷つけましたが、実はこれは美点でもあるのです。

つまり頭と体が覚えてしまうほど1週間一生懸命練習してきた。という証でもあるのです。脳が記憶してしまうほど練習しなければ直すことも以外に簡単。

だが、課題曲をレッスンする段階でわたしが全部読譜してやっていいのか?生徒さんのほうが、練習してきたけど譜読みや指使い間違ってるとこないかみて。のようなスタンスであれば良い。生徒が大人だと最初からこのノリでレッスン出来る。

親がピアノ経験者だと練習中の間違いを指摘してくれるのだけれど。旧ソ連にしても現ロシアにしても東側なのだから、普通共稼ぎだろうが、、。ロシアバージョンの指導では基礎教本くらいのレベルで譜読み問題はどうしているのだ?

以前、先生は監督でお母さんはコーチ。つまりレッスンに親がついてきて教わったことを、再度うちで練習するときに親が指摘して次のレッスンまでに仕上げる。これがピアノレッスンだ。みたいなのあったのですけど。ホントかよ!参ったね。これは親が最初っから子供ピアニストにしようとして鍛え上げる気満々なら、良い方法。教える方だって楽だ。

どこのうちもみんなこれやるの無理じゃない?まして旧ソ連。そうそれで、伺ったのです。その解は、基礎教本クラスだったら弾けるようになるまでレッスンで教えてしまいなさい。旧ソ連なんかみんな共稼ぎで子供のピアノの練習には付き合えない(日本だってそうなりつつある。)基礎クラスの子が(大人ならとにかく)そこで弾けなかったもの家に帰ってひとりで練習できるわけないんだから。

そうか!それでいい。次はこの曲とこの曲レッスンするから練習しときなさい。と、譜読みからの作業を全部レッスン生本人に任せるのはもっと譜表の観念が出来上がってからでいい。

なので、譜表の理論と譜読みの練習はして、次にレッスンする曲の概要が掴めるくらいは一緒に譜読みしよう。

昔、某YAMAHAでも教わったな。みんなで右手のメロディー弾こうね。ミード、ミードミードレッハイ。弾いて、出来た?では次。右手出来たら左手弾こう(*´∀`*)合わせられるかな?来週のレッスンで一人ずつ弾いてもらうから練習しとこうね。

グループレッスンだと弾いてるフリしてるヤツというのが存在することがママ有り。だけど、グループでのレッスン楽しかったな。

絶版になっている「ピアノのためのたのしいあゆみ」その他についてはまた次の機会にご紹介いたします。

(2017年月3月20日)

体験レッスンのお申し込みは24時間予約システムの↑こちらから、ご相談、ご質問だけでも大歓迎です。

↑このバナーをクリック♪次、紫陽花にピアノ鍵盤の絵の横のチャックボックスをクリック。黄色の丸印の日からご都合良い日をお選びください。

メールでのお問い合わせはe-mail←こちらから。

お電話 070-5580-5497でもOKです。

Copyright 丸山なを 2017.All Right Reserved.